149

Don't lie, Don't quit, Don't cheat.

今日のできごと

20101209

photo
今年のライブ納め。

修正など。
早めに上がらせてもらってAXへ。ZAZEN BOYS年内最後の東京ワンマンライブでございます。着いたときにはすでに入場が始まっていたので、Tシャツ売場も見ずにフロアへ。
後方高台の柵と柵の隙間へ。手持ち無沙汰ではありますがいたしかたない。
先日のDOMMUNEで宣言していた通り、今日は時系列のセットリスト。「開戦前夜」など最近ライブで聴けなくなっていた曲もちらほらと。
ここらへんをやっていたころは、ベース町田のヤンキーさんのイメージが強かったんだけど、もう一郎だねすっかり。(残念ながらドラムアヒト時代を観ていないので、メンバーチェンジはヤンキー→一郎しか体験しとらん)
ウイスキーは久しぶりに聴けてうれしかった。好きなんだよねワンカップ。ハードリカーも聴きたかったけども。
1〜3の曲をMCなしでぶっ続けでやり倒し、ようやくしゃべったと思ったらLEO今井の登場です。ZAZENメンバーをバックバンドにKIMONOS。ZAZEN BOYS+KIMONOSで「KIMONO BOYS」。おうなんて豪華なんだいハニー。
「No Modarn Animal」「MOGURA」「Almost Human」の3曲を披露。
流石というべきか、カシオの順応能力は本当に素晴らしいと思う。「MOGURA」の間抜けなサックスや、「Almost Human」の印象的なメロディラインをギターで表現しきってしまうという。もちろん二段や一郎も素晴らしいんだけど、カシオはやっぱりすごいや。
LEOが引っ込み再びZAZENワールドへ。砂漠を真面目に(?)歌う向井に聞き惚れた。
ライブではいつも「割と楽しい」と締めていたのに、今日は忠実に「割と寂しい」と歌っていたのが印象的。
アンコールはクレイジー。客にリクエスト聞いておいて、決めるのは俺だと言って、カシオに手振りで指示を出すと、あのイントロをカシオがかき鳴らす。君らの阿吽の呼吸にはいつも感心するよ。
最後は再びLEOの登場でKIMONO BOYS。「Tokyo Lights」はもともとバンドサウンドだし、この編成がドンピシャ過ぎてCDJ行きたくなるじゃないか。行けないけど。
ライブ終了後、kimonosのアルバムアナログ盤をKIMONOSのお二人が手売り!
うん並ぶよね、買うよね。
3時間もライブやって、すっげえ疲れてるだろうに、「ありがとう」って向井が言ってくれて、握手までしてくれて(つД`)
超緊張して「ありがとうございます」しか言えなかった。
ライブよかったですとか、応援してますとか、もっとなんかあるだろ自分、とか思ったけど…言えないよ、神だもん。ぎゃふん。

なんでZAZEN BOYSを全人類で敬わないんだと憤慨しながら帰宅。


あなたもひとことどうぞ(´∀`)