人生は、苦くて甘い

149ジャム製造記録

20150303
Life is bitter, but sometimes sweet.
人生は、苦くて甘い

人生は、苦くて甘い

社長に文旦をもらいました。
もう柑橘はマーマレードの材料にしか見えません。もちろん作るよ!!
検索したら文旦は皮だけでおいしいマーマレードになるよ、とのこと。中身はそのままいただきました(^人^)
煮込み直後の味見では下にピリピリと苦みが残りましたが、一晩置いたら味がなじみ、甘さと苦さのバランスがちょうど良くなりました。

材料

  • 文旦の皮……200g
  • グラニュー糖……200g
  • 水……400ml

果実はそのまま食べます

上下を切り落とし、四つに割って果実と皮に分ける。
果実を食べるときに出る種は保存しておくこと。

皮を茹でこぼす

苦みを取るため皮を茹でこぼす。
たっぷりの水からぐらぐら沸騰させるのを3回繰り返し。

グラニュー糖をまぶして一晩放置

味見して苦みがないことを確認して、皮をみじん切りに。
グラニュー糖の半量をまぶして一晩放置。

ジャム作りに便利

お茶パックに種を入れておきます。
お茶パックマジ便利。

次の日

一晩放置した皮を鍋に開け、ひたひたになるくらいの水を入れる。

材料を鍋であわせる

種を入れたお茶パック、残りのグラニュー糖を入れ弱火にかける。

じっくり煮込む

弱火で45分、焦げ付かないよう混ぜながら煮込む。
水分が飛んだら完成。