149

Don't lie, Don't quit, Don't cheat.

今日のできごと

20111015

MATSURI SESSION 日比谷野音。

ギリギリまで悩んで結局着物で行くことに。お太鼓の大きさが気に喰わなくてやり直してたら時間ギリギリで桜田門から猛ダッシュ(着物で)。なんとか限定Tシャツも買えました。
今日は向井祭ゆえ、ZAZEN BOYS→KIMONOS→向井秀徳アコースティック&エレクトリックという三部構成。ZAZENは「東京節」からスタート。今日もキワキワ。新曲「おでん」は2ちゃんでは評判イマイチだけど私は嫌いじゃないです、あのやっつけ具合(特に歌詞)。若干の物足りなさを残しつつLEO今井とのハモリが美しいKIMONOS。「Miss」好き(*´д`*) 向井は青いシャツから白シャツと帽子に衣装替えをしてきやがりました。
そして向井ただひとりが残されてアコエレ。さらに衣装替えで長袖の青シャツへ(しかし地味な衣装替えだな)。
「トウキョウシティに生きる人間の歌を歌う」向井は、いつでも誰の前でも変わらない向井秀徳のまま歌い叫びギターをかき鳴らす。
ZAZENだろうとKIMONOSだろうと、きっとナンバガだろうとそれは変わらない。
向井秀徳は向井秀徳であり、それ以上でもそれ以下でもない。
佐賀の実家の仏間で配信したUSTでも、狭いライブハウスでも、何万人も相手にするようなロックフェスでも、森の精霊達と戯れる野音でも、向井秀徳は己の内に鳴り響く音楽を吐き出していく。歌は言霊となり観客の魂を鷲掴みにする。そして私は向井秀徳から逃れられなくなる。
誰かのツイートで「向井は神様というより仏様だ」というのを見た。
ギターを抱え歌い続け、悟りを開いた仏様。

そうか、だから大仏の被り物を愛用しているんだな、向井は。


あなたもひとことどうぞ(´∀`)